日常生活でも出来る、子供の教育とは

公開日:  最終更新日:2017/06/16

子供,幼少期,教育,方法

少しでも子供の将来の助けになってほしいため、お母さんは色々なことを考えられているはずです。子供の習い事、幼稚園・・・色んな教育方法を考えられているはずです。

そして、もう一点、子供の教育と共に、大切にしていきたいのが良好な親子関係です。何気ない会話が出来る親子、子が親を尊ぶ・敬う心を持った親子関係。そうなって欲しいとおもうことはごく自然なことです。では、そのためには何が出来るのでしょうか。

日常的に子供に対して何ができるのか?

それは「日常生活における教育」です。勉強する時にだけ、勉強するのではなく、生活している時間を常に何かを学んでもらうと言う考えです。この言い方では少し教育バカみたいに思われてしまいますよね(笑)実際にはそうではありません。例えば子供が大好きなアンパンマンを例に挙げてみましょう。

アンパンマンは幼児教育にとって最高のツールです。長年もの間幼児の間で人気ナンバー1の座を明け渡さないのには意味があります。まずは勧善懲悪、悪いものを懲らしめ、弱きものを助けるお決まりのパターンは道徳教育の基本となります。しかしそれ以上に幼児教育にとって役に立つ要素があるのです。それが「登場人物の多さ」にあります。

アンパンマンの登場人物の多さは見たことがある人ならわかると思います。何百というキャラクターが存在しています。ではそれの何が教育の役に立つのか。それはキャラクターには必ず元になる野菜や果物、動物、ものがあるのです。例えば「さくらもちねえさん」というキャラクターがいます。

子供にとって、それはただの登場人物ですが、お母さんから見れば(あぁ、さくらもちから作ったのね)と考えるはずです。この考えのギャップがまさに教育の機会なのです。子供に「さくらもちって知ってる?」と問いかけてあげましょう。知らなければスーパーに行った時に、買ってきてあげましょう。このように知らない言葉を少なくしていくということは初期の教育にとって、すごく大切なことなのです。

さらに言葉を知ることによるメリットはたくさんあります。勉強と言うのは数珠つなぎ、または芋づる式のようなものです。例えば先ほどの「さくらもち」を知っていれば「さくら」を知ることが出来ます。「さくら」を知っていれば「開花時期」を教えることが出来ます。さらにそこから「お花見」など言葉は無限に連鎖を繋げていくのです。

さらにこのようにして覚えた言葉は、決して忘れません。お母さんも中学校などで、無理やりに暗記した言葉はもうすっかり忘れてしまったはずです。しかし小さい頃に教えてもらった記憶というのはそう簡単には忘れないものです。

もう一点、アンパンマンを見たらスーパーに行きましょう。アンパンマンの登場人物には食べ物が多く見られます。子供に「これがナガネギマンの長ネギだよ」とかそれを教えていくのも立派な教育です。

このように日常生活から少しずつ教えていくことが、子供にとって最も負担がかからず、効率的にたくさんの物事を覚えることができる勉強方法なのです。ぜひお母さんも実践してみてください。子供と大人の知識のギャップを意識しておくことが重要ですよ♪

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑