夫婦関係が子供に与える影響「夫婦喧嘩はしない方がいい?」

公開日:  最終更新日:2017/06/16

子供,幼少期,夫婦関係

夫婦関係はどうですか。旦那さまと激しくいいあったりするでしょうか、はたまたずっと仲良しのオシドリ夫婦でしょうか。子供の前ではどうですか。意識されているでしょうか。このような夫婦関係から、子供の教育に影響するのかについて考えていきます。

子供は親の背中を見て育ちます、それが、その背中を追いかけるのか、反面教師的に、その背中にならぬように育つのかはわかりませんが。しかし見ていないように見えて見ているのが子供なのです。つまり夫婦関係も子供にはしっかりと見られているのです。

この事実から考えると、子供の前で夫婦喧嘩はすべきではありません。子供にとってよくない影響を与えてしまう可能性が多くあります。

子供の前で夫婦喧嘩をしない方が良い理由

第一に、その喧嘩の内容です。性格にもよりますが、子供というのは親が思う以上に繊細です。夫婦喧嘩の内容が聞こえてしまうと、子供によっては「自分が原因なのではないか」と考えてしまいます。もちろんほとんどの親はそれに気がつきません。特に喧嘩の内容が子育てをめぐっての論争や、どちらかが喧嘩の原因に子供の名を出してしまった時は要注意です。

子供の精神的な傷は大人になっても消えずに残ります。現在、アダルトチルドレンなどの症状に悩まされる大人の多くは、幼少期に夫婦喧嘩を多く見てしまい、自分の居場所を失った経験があります。「自分がいなければ、自分のせいで」といった自己犠牲の精神状態に陥りやすくなるのです。子供にそんな思いをさせないためにも、目の前や聞こえる範囲での言い合いは避けるべきです。

第二に、言葉使いや、行動もしっかり見られており、それを学んでしまう可能性があるのです。教育とは何も、こちらから積極的に教えることではありません。両親というのは、その言動全てが教育にあたるのです。相手を罵倒する言葉や振舞いは子供の目に入ってしまうと、「親がしているのだからいいんだ」と思ってしまうことも少なからずあるのです。初めにいた通り、親の背中を見て育っていくのです。自分やお父さんの悪い所は教育しないように気をつけていたいですね。

このように、悪い夫婦関係は子供に与える影響が多いのです。もちろんその逆に、互いを尊重し合い、助け合う夫婦は子供の教育に影響を与えます。たかが夫婦関係、されど夫婦関係です。前に述べているように、生活の中の言動全てが子供の教育に繋がると常に意識しておいてください。小さければ小さいほどに・・・という事こともおぼえておきましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑