母と子の関係、アダルトチルドレンから読み解く

公開日:  最終更新日:2017/06/16

子供,幼少期,アダルトチルドレン,母親

近年、アダルトチルドレンという言葉が広く知られるようになりました。馴染みのない方ですと(ん?子供みたいな大人ってことか?)とおもってしまいそうな言葉ですが、そうではありません。

アダルトチルドレンを定義するのは難しいですが、一般に言われているのは、「本音や感情を他人に表わすことができなかったり、自分は他の人にとって迷惑な人だと考えてしまったり、異常なほどまでに他人からの評価を気にしてしまったりする」といったような考えに至ってしまう人をアダルトチルドレンと言います。

アダルトチルドレンの症状に苦しむ人に見られる特徴は幼少の頃からの家族関係にあります。近年家族に関する書籍が多く出版されており、「家族関係」が分析されるようになっています。では母と子の関係で気をつけるべきこととは何なのでしょうか。

アダルトチルドレンにならないために、母と子の関係で注意すること

1点目は、「子供を叱るときには、しっかりと話し合う」ことです。アダルトチルドレンの症状に苦しむ方の多くは、「自分のせいで・・・」「自分がいなかったら・・・」と考えてしまう自己犠牲型の考えに陥る方が多く、これは幼少期の経験が影響するのではないかと言われています。子供を叱る時に自分の感情で一方的に叱りつけてはいませんか?

子供だって言い分はたくさんあるはずです。「何が悪いのかわからなかった」「本当は悪いことをするつもりじゃなかった」そんなことを言いたい時もあることも考えてあげることが大切です。子供は怒られることを回避するために、「言い訳」を言う事もあります。しかし、本当に言い訳なのか、それとも本当に伝えたい何かがあるのかを判断するのはお母さんなのです。子供と向き合い、どんな時もしっかりと子供と対話し、子供を信じるように心掛けておいて下さい。

2点目は、「誰かと比べない」ということです。「お姉ちゃんはできるのに」「保育園の○○君はもっとしっかりしてるよ」「親戚の○○ちゃんを見てみなさい」こんな言い方していませんか?アダルトチルドレンの症状に苦しむ方は他人からの評価をすごく気にしてしまいます。子供の頃から他人と比較され「自分はできない」と思いこんでしまう事で、自分で自分の事を「何もできない人間なんだ」と思ってしまうのです。

教育することにおいて他人と比較することは全く必要のないことです。成長のスピードは個人差があります。早く成長する子もいれば、中々思うように進まない子もいます。やろうったてできないと思っている子供からすると、他人との比較は自分を貶める効果しかないのです。自分からあの子には負けないぞ!と思う負けず嫌いの心とは、似て非なるものなのです。個人を尊重し、その子にできる限界を見極め、成長の速度に見合った教育を心掛けてください。

このように日ごろから少し気にかけることで、母と子の関係をうまく築いていくことが出来ます。子供を信じることが一番大切なので、日常的に、信頼関係の構築には気を使ってあげてくださいね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑